DELL(デル)パソコン
DELL XPS タワー(XPS 8930)レビューをご紹介!DELL XPS タワー(XPS 8930)の購入を検討されている方は、ご参考にどうぞ。
ページ更新:2018/4/5
DELL(デル)パソコン 目的別カスタマイズ カスタマイズ詳細 DELL(デル)ガイド製品情報 DELLとは PC基礎知識

DELLハイエンドデスクトップ DELL XPS タワー(XPS 8930) レビュー

DELL XPS タワーは、第8世代Core i7を搭載するDELLハイエンドデスクトップパソコン。画像や動画などデジタルコンテンツ系用途にも強いDELL主力モデルで、パーツの拡張性や安定した長時間動作も確保しています。将来長く使いたい方におすすめしたい、パソコン納得購入ガイドの一押し機種です。

DELL XPS タワー(XPS 8930) レビュー

【ベンチマーク比較 その2】 DELL XPS タワーのカスタマイズを検証する(ビデオコントローラ編)

このページでは、DELL XPS タワーが搭載可能なビデオコントローラの性能についてご紹介します。

ビデオコントローラの「GeForce GT 1030」、「GeForce GTX 1050Ti」、「GeForce GTX 1060」の性能比較

DELL XPS タワーは、各種ビデオコントローラがカスタマイズ可能です。グラフィック能力に大きな差がありますので、気になっている方も多いのではないでしょうか。

まずはビデオコントローラの仕様をチェック!

この記事を書いている時点で、DELL XPS タワーでカスタマイズ可能なビデオコントローラは、ローエンドのGeForce GT 1030、ミドルレンジのGeForce GTX 1050Ti、ハイエンドのGeForce GTX 1060の3種類です。

GeForce GT 1030、GeForce GTX 1050Ti、GeForce GTX 1060の概要比較
ビデオコントローラ名 GeForce GT 1030 GeForce GTX 1050Ti GeForce GTX 1060 備考
NVIDIA CUDA コア数 384 768 1280 性能に応じてコア数が多い
ブースト クロック 1468MHz 1392MHz 1708MHz 性能に応じてクロックが高い
専用メモリ 2GB DDR5 4GB DDR5 6GB DDR5 中〜重量級ゲームをプレイするならメモリ容量は重要
メモリデータ幅 64ビット 128ビット 128ビット GeForce GT 1030のみ64ビット
メモリスピード 3Gbps 7Gbps 8Gbps 性能に応じてスピードが速い
シングルスロット ダブルスロット ダブルスロット GeForce GT 1030のみシングルスロット
ワット数 30W 75W 120W 性能に応じて、ワット数も多い
接続端子 DVI-D×1
HDMI×1
DVI-D×1
HDMI×1
ディスプレイポート×1
DVI-D×1
HDMI×1
ディスプレイポート×3
GeForce GT 1030のみディスプレイポートは非搭載
市場価格 約10,000円 約19,000円 約37,000円 2018年4月4日時点、パソコン納得購入ガイド調べ
※NVIDIA社公式ページの仕様。DELLオリジナルは多少異なる場合あり。

性能的には、ミドルレンジGeForce GTX 1050TiとハイエンドのGeForce GTX 1060が飛び抜けています。

  • 予算重視ならGeForce GT 1030
  • パフォーマンス重視ならGeForce GTX 1050Ti
  • 性能重視ならGeForce GTX 1060

です

特にGeForce GTX 1060は、比較的高いグラフィック能力を必要とするゲームも快適にプレイ可能なので、DELL XPS タワーに最適です♪

DELL XPS タワーでカスタマイズ可能な3種類のビデオコントローラを用意

今回、ローエンドのGeForce GT 1030(市販製品)、ミドルレンジのGeForce GTX 1050Ti(市販製品)、ハイエンドGeForce GTX 1060(DELL純正)による性能比較をご紹介します。ビデオコントローラーの性能が気になる方はご参考にしてください。

DELL XPS タワーでカスタマイズできるビデオコントローラ例
DELL XPS タワーでカスタマイズできるビデオコントローラ例。

左から、ローエンドのGeForce GT 1030(市販製品:Palit Microsystems NE5103000646-1080F)、ミドルレンジのGeForce GTX 1050Ti(市販製品:玄人志向 GF-GTX1050Ti-4GB/OC/SF)、ハイエンドのGeForce GTX 1060(DELL純正)です。ハイエンドのGeForce GTX 1060は、小学生の時に使っていた筆箱ぐらい大きく、強力な冷却ファンが付いてます。

性能と価格に比例して、ビデオコントローラの大きさや厚みが増します。ローエンドのGeForce GT 1030は1スロットを占有、その他の2つは2スロットを占有します。

GeForce GT 1030を搭載した場合

XPS タワーにローエンドのGeForce GT 1030(DELL純正)を搭載した状態
DELL XPS タワーにローエンドのGeForce GT 1030(DELL純正)を搭載した状態。
DELL XPS タワーの筐体と比べると、かなりコンパクトです。

GeForce GTX 1050Tiを搭載した場合

XPS タワーにミドルレンジのGeForce GTX 1050Ti(市販製品)を搭載した状態
DELL XPS タワーにミドルレンジのGeForce GTX 1050Ti(市販製品)を搭載した状態。
DELL XPS タワーの筐体と比べても、それほど大きくありません。

GeForce GTX 1060を搭載した場合

XPS タワーにハイエンドのGeForce GTX 1060(DELL純正)を搭載した状態。
DELL XPS タワーにハイエンドのGeForce GTX 1060を搭載した状態。
DELL XPS タワーの筐体と比べると、さすがに少し大きくなりますが、前面からのエアフローは確保できています。

GeForce GTX 1060は高性能なので、ビデオカードへ6品ケーブルにて直接給電されます
GeForce GTX 1060は高性能なので、ビデオカードへ6ピンケーブルにて直接給電されます。


ハイエンドのGeForce GTX 1060は、2スロットを占有しますが、接続端子の種類が豊富(HDMI、ディスプレイポート、DVI)なので、色々なモニタに対応可能です。


「GeForce GT 1030」、「GeForce GTX 1050Ti」、「GeForce GTX 1060」でベンチマーク比較

今回ベンチマーク比較したDELL XPS タワーのカスタマイズ構成は、以下のとおりです。比較しやすいように、ビデオコントローラだけ変更しています。

ベンチマーク比較したDELL XPS タワーのカスタマイズ構成
ビデオコントローラ名 XPS タワー その1 XPS タワー その2 XPS タワー その3
OS Windows 10 Home 64bit版 Windows 10 Home 64bit版 Windows 10 Home 64bit版
CPU Core i7-8700 Core i7-8700 Core i7-8700
メモリ 16GB 16GB 16GB
ハードディスク 256GB M.2 ソリッド ステート ドライブ + 2TB 7200 rpm ハードドライブ 256GB M.2 ソリッド ステート ドライブ + 2TB 7200 rpm ハードドライブ 256GB M.2 ソリッド ステート ドライブ + 2TB 7200 rpm ハードドライブ
ビデオコントローラ GeForce GT 1030(市販製品) GeForce GTX 1050Ti(市販製品) GeForce GTX 1060(DELLオリジナル)

※GeForce GT 1030およびGeForce GTX 1050TiはDELLオリジナルではないので、ベンチマークスコアは参考としてください。

ゲーム定番ベンチマークテスト「3DMARK」

まずは、定番のベンチマークテスト「3DMARK」で比較しました。高い描画能力が必要となる中〜重量級ゲームを想定したベンチマークテストです。

重量級ゲームで快適なプレイが楽しめるかを測定する定番ベンチマークテスト「3DMARK」
重量級ゲームで快適なプレイが楽しめるかを測定する定番ベンチマークテスト「3DMARK」

3DMARKでの性能比較
テスト名 XPS タワー その1 XPS タワー その2 XPS タワー その3
Time Spy Extreme(DirectX 12を使用する4Kゲーム用) -(計測不可) 1179 1965
Time Spy(ゲーム用パソコンのためのDirectX 12ベンチマーク) 1218 2537 4366
Fire Strike Ultra(DirectX 11を使用する4Kゲーム用) -(計測不可) 1766 2976
Fire Strike Extreme(マルチGPUシステムとオーバークロックされたパソコン用) 1649 3488 5714
Fire Strike(高性能ゲーム用パソコン) 3292 6815 10899
Sky Diver(ゲーム用ラップトップとミッドレンジパソコン用) 12016 22793 32990
Cloud Gate(標準的なスマートフォンとタブレット) 18341 28986 36343
XPS タワー その1 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GT 1030 2GB
XPS タワー その2 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GTX 1050Ti 4GB
XPS タワー その3 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GTX 1060 6GB

3DMARKのベンチマークテスト結果
3DMARKのベンチマークテスト結果

ローエンドのGeForce GT 1030は、他に比べてかなりスコアが低いです。特に、グラフィック負荷が高い項目になるとスコアの低下が激しいです。また、2つの上位テストについては、計測不可でした。

反対に、ミドルレンジのGeForce GTX 1050TiやハイエンドのGeForce GTX 1060では、全体的にスコアが高いです。ゲーム用途を想定している方におすすめです。

ファイナルファンタジー14 紅蓮の解放者の公式ベンチマークテストで性能をチェック

次に、負荷が比較的軽い人気ゲームファイナルファンタジー14のベンチマークで比較してみました。

人気が高いファイナルファンタジー14紅蓮の解放者のベンチマークテストを試してみました
人気が高いファイナルファンタジー14紅蓮の解放者のベンチマークテストを試してみました。

ファイナルファンタジー14 紅蓮の解放者での性能比較
表示解像度と品質 XPS タワー その1 XPS タワー その2 XPS タワー その3
1920×1080(標準品質) 7824(非常に快適) 15763(非常に快適) 18511(非常に快適)
1920×1080(高品質) 3964(快適) 8578(非常に快適) 13275(非常に快適)
1920×1080(最高品質) 3483(やや快適) 7329(非常に快適) 11699(非常に快適)
XPS タワー その1 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GT 1030 2GB
XPS タワー その2 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GTX 1050Ti 4GB
XPS タワー その3 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GTX 1060 6GB

ファイナルファンタジー14のベンチマークテスト結果
ファイナルファンタジー14のベンチマークテスト結果

GeForce GT 1030は、標準品質であればプレイは可能ですが、グラフィック負荷が重くなると快適性が低下します。負荷が比較的軽いゲーム程度がおすすめです。

反面、ミドルレンジのGeForce GTX 1050TiとハイエンドのGeForce GTX 1060は、上記の3DMARKと同じく高スコアです。GeForce GTX 1050Tiでも、1920×1080(最高品質)で『7329(非常に快適)』と十分なスコアをたたき出しています。

GeForce GTX 1060は、文句の付けようがない高スコアです。また、GeForce GTX 1050Tiと比べて、負荷が重くなってもスコアが下がりにくい傾向が見受けられますので、ファイナルファンタジー14よりグラフィック負荷が重いゲームであればGeForce GTX 1060の一択で良いと思います。

実アプリケーションでの快適さを想定したベンチマーク「PCMARK 8」

以下、実アプリケーションでの快適さを想定したベンチマーク「PCMARK 8」で比較してみました。

PCMARK8での性能比較
ベンチマーク項目 XPS タワー その1 XPS タワー その2 XPS タワー その3
一般的な使い勝手の「Home」 5031 5286 5281
画像や動画編集などクリエイティブな使い勝手の「Creative」 -(動作せず) 6980 7789
文書作成など仕事の使い勝手の「Work」 5560 5502 5450
XPS タワー その1 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GT 1030 2GB
XPS タワー その2 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GTX 1050Ti 4GB
XPS タワー その3 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GTX 1060 6GB

PCMARK 8の各項目スコアを比較
PCMARK 8の各項目スコアを比較

一般的な使い勝手の「Home」や文書作成など仕事の使い勝手の「Work」では、スコア差は少ないです。

反面、画像や動画編集などクリエイティブな使い勝手の「Creative」では、ミドルレンジのGeForce GTX 1050TiやハイエンドのGeForce GTX 1060で高スコアです。今回、GeForce GT 1030 2GBでは、ベンチマークがなぜか動作しませんでした。

実アプリケーションでの快適さを想定した、最新のベンチマーク「PCMARK 10」

実アプリケーションでの快適さを想定した、最新のベンチマーク「PCMARK 10」でベンチマークしてみました。他機種との性能比較の参考としてください。

PCMARK10(用途別)テスト

PCMARK10(用途別)テストでの性能比較
ベンチマーク項目 XPS タワー その1 XPS タワー その2 XPS タワー その3
PCMARK10(日常的なパソコン作業、デジタルコンテンツ用途を想定) 4858 5436 5865
PCMARK10 Express(ビジネス用途を想定) 5229 5391 5426
PCMARK10 Extended(ゲームの処理性能を含む、全用途を想定) 4288 5589 6652
XPS タワー その1 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GT 1030 2GB
XPS タワー その2 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GTX 1050Ti 4GB
XPS タワー その3 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GTX 1060 6GB

PCMARK 10の各項目スコアを比較
PCMARK 10の各項目スコアを比較

性能差が一番小さかったのは、「PCMARK10 Express(ビジネス用途を想定)」でした。グラフィック能力があまり必要ない用途のテストなので、当然の結果です。ビジネス用途を想定する場合は、ビデオコントローラ以外のパーツに予算を充てた方がお得です。(そもそもXPS タワーをビジネス用途で購入する人は多くないと思われます。)

反対に、性能差が一番大きかったのは、「PCMARK10 Extended(ゲームの処理性能を含む、全用途を想定)」でした。ゲーム関係のスコアに引っ張られたようです。

なお、「PCMARK10(日常的なパソコン作業、デジタルコンテンツ用途を想定)」を見ても、ビデオコントローラの性能差が大きく影響していますので、ゲームだけでなく日常的な用途も利用が多い方は、上位のビデオコントローラがおすすめです。

Essentials(パソコンの基本性能)テスト

Essentials(パソコンの基本性能)テストでの性能比較
ベンチマーク項目 XPS タワー その1 XPS タワー その2 XPS タワー その3
Essentials(パソコンの基本性能) 9689 9495 9555
App Start-up Score
(アプリケーションの起動速度)
14063 12945 13695
Video Conferencing Score
(ビデオ会議での快適さ)
7086 7206 7082
Web Browsing Score
(Wab閲覧の処理性能)
9129 9179 8995
XPS タワー その1 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GT 1030 2GB
XPS タワー その2 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GTX 1050Ti 4GB
XPS タワー その3 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GTX 1060 6GB

Essentials(パソコンの基本性能)テストでの性能比較
Essentials(パソコンの基本性能)テストでの性能比較

「Essentials(パソコンの基本性能)」に関するテストは、「App Start-up Score(アプリケーションの起動速度)」やWeb Browsing Score(Wab閲覧の処理性能)」などSSDによる影響が大きく、かつ、グラフィック負荷が軽いテストが中心なので、ビデオコントローラの性能差は確認できませんでした

Digital Content Creation(デジタルコンテンツ制作の処理性能)テスト

Digital Content Creation(デジタルコンテンツ制作の処理性能)テストでの性能比較
ベンチマーク項目 XPS タワー その1 XPS タワー その2 XPS タワー その3
Digital Content Creation
(デジタルコンテンツ制作の処理性能)
4489 6047 7327
Photo Editing Score
(写真編集の処理性能)
4286 6126 7668
Rendering and Visualization Score
(3Dグラフィックスの表示・レンダリングの処理性能)
5008 6587 8998
Video Editing Score
(動画編集の処理性能)
4216 5482 5703
XPS タワー その1 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GT 1030 2GB
XPS タワー その2 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GTX 1050Ti 4GB
XPS タワー その3 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GTX 1060 6GB

Digital Content Creation(デジタルコンテンツ制作の処理性能)テストでの性能比較
Digital Content Creation(デジタルコンテンツ制作の処理性能)テストでの性能比較

「Digital Content Creation(デジタルコンテンツ制作の処理性能)」に関するテストは、写真や動画の編集、3Dグラフィックスの表示・レンダリングの処理などが中心となるため、ビデオコントローラの影響が大きいです。上位のビデオコントローラがおすすめです。

Productivity(Microsoft Officeなどのビジネスアプリケーションの処理性能)テスト

Productivity(Microsoft Officeなどのビジネスアプリケーションの処理性能)テストでの性能比較
ベンチマーク項目 XPS タワー その1 XPS タワー その2 XPS タワー その3
Productivity
(Microsoft Officeなどのビジネスアプリケーションの処理性能)
7678 8209 8372
Spreadsheets Score
(表計算ソフトの処理性能)
9111 9799 10422
Writing Score
(文章ソフトの処理性能)
6472 6878 6726
XPS タワー その1 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GT 1030 2GB
XPS タワー その2 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GTX 1050Ti 4GB
XPS タワー その3 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GTX 1060 6GB

Productivity(Microsoft Officeなどのビジネスアプリケーションの処理性能)テストでの性能比較
Productivity(Microsoft Officeなどのビジネスアプリケーションの処理性能)テストでの性能比較

「Productivity(Microsoft Officeなどのビジネスアプリケーションの処理性能)」に関するテストは、ビデオコントローラの影響は多くないようです。ただし、「Spreadsheets Score(表計算ソフトの処理性能)」のように、表計算ソフトをヘビーに使いこなす場合には、影響が出てくるようです。

Gaming(ゲームの処理性能)テスト

Gaming(ゲームの処理性能)テストでの性能比較
ベンチマーク項目 XPS タワー その1 XPS タワー その2 XPS タワー その3
Gaming
(ゲームの処理性能)
2737 5596 9031
Graphics Score
(光源や陰の生成などを想定したグラフィックテスト)
3535 7264 12065
Physics Score
(物体同士の衝突などを想定した物理シミュレーションテスト)
19245 19188 19065
Combined Score
(グラフィックと物理シミュレーションの複合テスト)
1181 2636 4482
XPS タワー その1 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GT 1030 2GB
XPS タワー その2 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GTX 1050Ti 4GB
XPS タワー その3 : Core i7-8700+16GBメモリ+256GB SSD+GeForce GTX 1060 6GB

Gaming(ゲームの処理性能)テストでの性能比較
Gaming(ゲームの処理性能)テストでの性能比較

「Gaming(ゲームの処理性能)」に関するテストは、処理内容によって大きく影響が異なります。

「Graphics Score(光源や陰の生成などを想定したグラフィックテスト)」のようなグラフィック描画では最大約3倍ものスコア差となっていますが、「Physics Score(物体同士の衝突などを想定した物理シミュレーションテスト)」のような物理シミュレーションではスコア差がありません。

ただ、ゲーム用途を想定するのであれば、上位のビデオコントローラがおすすめであることに代わりありません。


【まとめ】 目的と予算にあわせて選択

DELL XPS タワーを購入する上で、ビデオコントローラの購入検討のまとめは、以下のとおりです。

  • 予算重視なら、ローエンドのGeForce GT 1030がおすすめ
  • ライトなゲームをプレイ、かつ、日常的なパソコン作業も快適に楽しみたいなら、ミドルレンジのGeForce GTX 1050Tiがおすすめ
  • デジタルコンテンツ編集やゲームプレイが主用途なら、ハイエンドのGeForce GTX 1060がおすすめ

目的と予算にあわせてご検討ください。

DELL XPS タワーが気になる方はDELL公式サイトをチェック♪

第6世代Core i7を搭載するDELLハイエンドデスクトップ DELL XPS タワー 
第8世代Core i7を搭載するDELLハイエンドデスクトップ DELL XPS タワー(左)とDELL XPSタワー スペシャルエディション(右)

 詳細はNew_XPSタワー_8930(DELL公式ページ)、または、 New_XPSタワー_スペシャルエディション_8930(DELL公式ページ)をご参照ください。

▲このページのTOPに戻る

>>パソコン納得購入ガイドのTOPに戻る